クレイとアロマの併用について

「クレイと精油は一緒に使っていいんですか?」

という質問は、教室での
よくある質問トップ3に入るくらいです。

月読みクレイセラピー教室リップル よくあるご質問

一緒に使うメリット、
併用しないメリット、
両方があります。

一緒に使うメリットは、
滑らかなクレイペーストに
好きな香りを加えてパックすると
さらに気持ちが良いということ。

月読みクレイセラピー教室リップル よくあるご質問
クレイパックに精油の作用を
加えることで、パックの満足度が
さらにアップすること。

先日、肩こりがひどい夫に
ペパーミント精油を入れた
クレイ湿布をしたところ
「スース―して気持ちよくて楽になった」と喜ばれました。

月読みクレイセラピー教室リップル よくあるご質問

デメリットは、
入れる精油の量に気を付けないと、
皮膚刺激の恐れがあること。

アロマ初心者さんは、
詳しい人に使い方を教わってから
使用した方が安心です。

月読みクレイセラピー教室リップル よくあるご質問

また、クレイの種類によっては、
時間が経つと精油成分を
クレイが吸収してしまうので
精油の作用が弱まる場合があります。

ICAのクレイの場合、
ブラウンクレイがこの傾向にあります。

ただ、加えてすぐに使うなら
精油の作用も残っているので、
その場で使うならあまり
気にしなくて大丈夫です。

月読みクレイセラピー教室リップル よくあるご質問

そもそも、アロマテラピーの
基材にクレイは登場するので、
そう考えると併用してはいけない
ということはありません。

ただ、併用しないメリットもあります。

クレイとアロマ、それぞれの作用を
100%受け取れることです。

例えば、クレイパックをして
老廃物を取り除いた後に
アロマトリートメントをすれば、
普段にも増して精油成分が
体内に入りやすく、体にも
作用しやすくなります。

月読みクレイセラピー教室リップル よくあるご質問

併用しないことのデメリットは、
ホームケアで使う場合は
二度手間になって
めんどくさいことでしょうか。

自宅で日常的に行うなら、
手間は少ない方が続けやすいですよね。

クレイもアロマも、
どちらも自然からの恵みです。

月読みクレイセラピー教室リップル よくあるご質問

どちらの考えが良い悪い、
どちらが正しい間違っている
という考え方は、
本来クレイセラピーには似合わないと
常々思っています。

野生動物が本能で使っている
大自然の恵みに
人間があれこれと理屈を付けて
窮屈な使い方にしてしまうのは、
もったいないですよね。

月読みクレイセラピー教室リップル よくあるご質問

もちろん、禁忌事項や
危険な使い方については
しっかりとお伝えしていきますが、
そうでないことなら、
好きな使い方をして
心地よくなるのが一番だと
私は思っています。

月読みクレイセラピー教室リップル よくあるご質問

月読みクレイセラピー教室リップル 月読みクレイ認定講師コース


月読みクレイセラピー


ICA認定クレイセラピスト養成講座


ICA認定クレイセラピー検定講座


クレイセラピー教室リップル 開運未来流ルネーション占星術セラピスト養成講座


クレイワークショップ


クレイサロンメニュー


月読みクレイセラピー教室リップル facebook 月読みクレイセラピー教室リップル インスタグラム


月読みクレイセラピー教室リップル LINE公式アカウント